ありがたいことに、数名の仲がよいメンエスのセラピストさんがいます。

全員メンエスのセラピストさんというのも、これはこれで問題な気がしますが。

彼女達のお陰で、心の安定、時には心を揺さぶられながらも、日々の楽しく生きることが出来ているんだと思います。


中でも、Rちゃんは、今は僕のなかで最も盛り上げってしまっていて、大好きで何としても射止めたい女性です。

でも、僕の気持ちが追いかけようとすればするほど上手く行かないものですね。


前回の記事に書いたようにRちゃんの現状を踏まえた仮説で考えると、もしかしたら脈ありとも思えなくもないけれど、これはかなりポジティブな調子に乗った考え方です。

そうであれば嬉しいなと思いつつも、冷静に客観的に仮説の検証しようと思って考えれば、やっぱり違うなと思って落胆・・・。

あまり遠くない未来に、告白という手段を使って、しっかりと認識してもらう作戦ではいますが、もう少しだけ期間をかけて石橋叩いて、手綱を手繰り寄せたいところ。


先日、勢いよくガンガン責めて玉砕覚悟の告白モード、みたいな瞬間がありました。

手段としての告白で認識を持ってもらうという意味では効果はあったかと思うのですが、やっぱりちょっと時期尚早だったんだと思います。

結果的には、何も言わなくて良かったのでしょう。


現在は、少しだけRちゃんの対しては冷静になれて現状を見ている状況です。


結局Rちゃんの事ばっかり書いちゃってますが、今時点で冷静になれたのは、実はSちゃんの存在があります。

Sちゃんのお陰で行き場のない気持ちや焦りが癒やされて、気が紛れているんだと思います。

先日の記事でも書いたように、Sちゃんもメンエスのセラピストさん

この記事では、Sちゃんとは施術室内で、メンエスを超えた男女の関係になってしまっている旨を書きましたが、その後Sちゃんに声をかけて、2,3度食事に行ったり、朝まで過ごしたりと一緒の時間を共有しています。

意外にもSちゃんと外で会って朝まで過ごした時は、セックスはしていないです。

手を繋いで真夜中の公園を散歩したり、軽くキスする程度。

これが、結構心が満たされるんですよね・・・。

そのままホテルにでも誘えば、問題なく抱けるんでしょうけれど、敢えてそうならない時間が新鮮で楽しい。


今本当にSちゃんのお陰で、少し心のざわつき乱れが収まって、Rちゃん熱を覚ますことが出来ているんだと思います。

とは言ってもやっぱり、本命本心はRちゃんであることは変わりないんですが。

いったい、どうやったらRちゃんを振り向かせられるんだろうか。


少しややこしくなりつつあるのは、Sちゃんは完全に僕の方を向き始めたということ。

セックスだけでなく、LINEは頻繁だし、何でも話してくれるようになったし、形はどうあれお付き合いする可能性が高いです。

Sちゃんは、バツイチ子供なし、40超えの美人。婚活では話が出来る人に出会わないらしくて、そろそろこのまま一人で生きることを視野に入れつつある感じです。

Sちゃんも「寂しいんでしょうね・・・。


もし僕が離婚を選択したとしても、Sちゃんと一緒に暮らすことはないでしょう。

やはりRちゃんしかいない。

なんでRちゃんなのか、良く分からないけれど、Rちゃんしか考えられない。


上手くいかないものですよね。

絶対に欲しいものは、なかなか手に入らないのに、僕が望まなければ手に入ってしまうって。

とは言えば、Sちゃんにはとにかく感謝ですね。

少し心のざわつきを紛らわせてくれたんですから。