今週前半で、いろいろと近づこうと努力して、成果もありつつ、さらなる動揺を感じたり、こえずらい壁を感じています。


ちょっと疲れてしまったこともあって弱気になって来たので、しばらく静観しようと思ってました。

が、さっきまたまたアタックしてしまったんです。


もう自分でも、ようやるなー、って思って呆れちゃいますよ。


ところが、今日はサクッとフラレました・・・。


こんな感じでLINEをやり取りしました。

スクリーンショット 2020-07-30 15.57.22


今日はメンエスの終了時間が早いことが分かっていたので、夜に食事に誘おうと思い立ったんです。

Rちゃんは、ラーメン大好きって言っていたので、事前にラーメン屋をリサーチしていました。


元々今日は僕はメンエスを予約するつもりはなくて、業務終了した後、夜にRちゃんと会いたいと思っていたら、既に予定があるとの残念な返答・・・。


そもそも、予定があるのが本当なのか、否なのか。

ちょっと暑苦しいと思われちゃってるだろうからな・・・。

いちいち心配、不安になりますよ。


LINE上は、今日Rちゃんをメンエス予約して、そこで晩ごはんに誘うことを目論んでいたという立て付けですが、これは実はウソ。


実は、初めからRちゃんの今夜の予定は、ありえるかもと思ってました。

本業のマッサージ店の親しい同僚さんと仕事の後に食事する予定があるのではないかと言うこと。

その同僚さんと朝まで飲み明かす、毎週下手したら2,3回あるようなので。

確かに、同僚さんもRちゃんも明日は休暇日なようでした。(ネットで確認可能)

だから、予定ありは本当の可能性はあります。

もちろん、予定無くても僕が暑苦しいから断られた可能性もありますが・・・。



ところが、ここで別の可能性を思いついてしまったんです・・・。

それは、別の予約客と施術後にそのまま店外で会うのではないかということ・・・。


実は、長年に渡ってRちゃんの勤務店が変わっても、ずっと来てくれる客っている?、そんな事を先日に軽く聞いてみたんです。

すると、1人だけいると。

10年前ぐらいでRちゃんが若い頃の客。


で、こないだ連絡して、メンエスY店に来たと言ってました。


10年前と言えば、メンエスでなくて、性感マッサージ?M性感? どっちか分からないけれど、風俗時代の客の可能性が高い。

単なる客ならば良いけれど、そりゃあそんなハズないよなって、直感的に思いました。

そりゃあ普通にセックスしていたこともあるだろうし、ひょっとしたらセフレとか、彼氏だった時期もあるかもしれません。

どれだけ頑張っても過去の時間は消せないし、すぐには上回れないから、こりゃあ嫉妬しちゃうなって思いました。


まぁそんなこともあるでしょうね・・・。


で、話戻って、今日のRちゃんの予定の別の可能性。

ひょっとしたら、その10年前の客が予約入れていて、そのまま食事と、その後・・・。

そんなイヤーなことを妄想しちゃいました。


なので、これは確かめてやろうと思って、メンエス店に電話。

もし予約空いていたら、それはそれで僕が入っちゃえば良くて、LINEのメッセージの通りにご飯食べにいく話をして、次回の約束をしちゃえば良いのかなと。

ところが懸念した通り、やっぱり夜の最終枠の予約が埋まってました・・・


メンエスの受付開始直後で、既に夜の予約が入っていたので、これは前日までの予約の可能性が高い。

そう言えば、先週も前日予約で夜の先約があって、僕が入れないことがありました・・・。


この店、朝の時点で夜の予約が入ってることは少ないですからね。

だから、こりゃあライバルいるんじゃあないかって、勝手に妄想してたんです。


このライバルって、ひょっとしたら10年前からの客??


どちらにせよ、夜の最終枠が終わってから、そのまま食事に行く可能性があるかもです。


だって、今週初めに僕もそうしましたからね。

ある程度仲良くなったら、もちろん僕以外でもそうなってる可能性は否めない・・・


悔しくて悔しくて・・・。


なので、ライン上はダブルでフラれたと返しましたが、内心、かなり悔しくてやり切れない思いです。

もちろん、今日のRちゃんの予定は全て僕の妄想ではあるけれど、妄想がどんどん膨らんじゃうとツライなぁ。


このLINEのやり取りの後、さらに行動しました。

なんと、マンションから出た帰路につくRちゃんをこっそり待ち伏せして、そこで誰かに会うのか、そのまま駅に向かうのか、確かめてやろうかと思ったんです。

Y店は、二箇所の別のマンションで営業しているので、今日がRちゃんがどっちのマンションにいるのかを特定せねばなりません。

だから、Y店に電話したんです。


もっと早い時間にRちゃんの予約を一旦入れました。

予約すればどっちのマンションに何時に入室なのかを教えてくれました。

欲しい情報を得ることが出来たので、しばらくしてメンエス予約をキャンセル。


さぁ、これで夜にこっそりと退店後のRちゃんの行動を監視可能です。


でもねぇ、やっぱこれってやってはいけないよね。

ストーカーすれすれ、というかストーカーそのものでは??


思い直してやっぱり夜に待ち伏せ?するのはやめることにしました。


アカンアカン、こんな事ばっかり考えて、あるのか分からない妄想を膨らませるなんて。

仮に、僕の妄想が正しくても、そんなことでいちいち反応しないように強くならないとさ。


たとえ、近日中にRちゃんに彼氏が出来ようが、セフレが出来ようが、それらの可能性も含めて受け入れないといけません。

僕は、いちおう妻子もありますからね。

離婚するには、ステップが必要だし、現在の資金力ではNG。

今後しばらくRちゃんの男関連で動きがあったとしてもさ、最終的に僕がRちゃんと一緒に暮らすという大きな目的を達成するためには、細かいことに目を向けてはいけません。


ちょっとつらいけど、それほど遠くない先の大きな目標を達成すべく、自分の今やらないといけない事に注力した方がいい。

今するべきことは、アフィリ事業の拡大を早期に達成して、少なくとも月500万円ぐらいを稼ぎ出すこと。

これが自分の挑戦だし、努力だろうし、男を磨くことになる事でしょう。


それくらいの事業規模になると、金銭的には諸問題はクリア可能かな。


本当に欲しい目標を達成するためにも、長い目で見てRちゃんとの関係を冷やさないようにしつつ、Rちゃんが誰かと結婚しちゃう前に、結婚前提にお付き合いを申し込まないといけません。

Rちゃんが過去にどんな事があろうと、この後、誰とどんな事があろうと、いちいち止まってはいけません。

全て受け入れる覚悟で、Rちゃんが欲しい。



と宣言しつつ、何か気持ちが寂しいなぁ・・・


ということで、今日は別のメンエスに深夜遊びに行くことにしました。

前々から仲良くしてるセラピストさんに話を聞いてもらいつつ、全てを忘れさせてもらいにいこう・・・。

この仲良いセラピストさんは、これまたかなりの痴女でスゴイ求めてくれるし、手マンでも潮吹きながらイキまくってくれます。

あんなに求めてくれて、可愛く激しく何度もイッてくれると男としては嬉しい。

かなり自信になります。

彼女と一緒に潮にまみれながら、全てを忘れて久々に彼女とのセックスに没頭してきます。


しばらくRちゃんの事を考えるのはやめて、気が向いたら距離を置いて再アタックだな。